語学習得の成長曲線

みなさんも過去に受験勉強をしましたね。今日は英語力にも関連が大きい成長曲線についてです。

勉強すれば、成績は上がります。サボれば、下がります。それ以上でも、それ以下でもありません。簡単です。
しかし、なかなか成果を実感できない停滞期と急成長を遂げる成長期は存在します。

成長曲線から読み取る対処法

ちらの成長曲線で注目すべき点は語学学習も期待している以上の成長を遂げることは本当に稀なことです。学習における期待とは現実よりも上にあることが一般的な曲線であることであるようです。これだけ頑張ったんだから100点が取れるはずという期待はみなさんも想像した経験があるのではないかと思います。

に注目すべき点は停滞期後半には理想と現実のギャップがとても開く時期があります。私はこの苦痛な期間をギャップモンスターと呼んでいます。ギャップモンスターには誰もが出くわします。出くわしたあとにヤル気天使の力を借りながら、逃げることなく退治することは求められます。

停滞期の原因

語力における停滞期は単語のインプットです。毎日たくさんの単語を暗記しようと単語帳やアプリテストなどを使って頭に入れていきます。しかしその単語は会話の中での活用方法やTOEIC問題の選択基準など、使うことができたときに成果を実感します。単語単体でのインプットは使える状態にないものなのです。

の中ではいったい何が起きているのでしょうか?それは、たくさんの知識種がタンスに整理されずに散らかっています。この知識種は使う場面で選べるようになると心は成果を実感できます。停滞期はこの知識種の整理期間なのです。

停滞期の過ごし方

続には心の葛藤が何度も訪れます。頑張って勉強しているはずなのにギャップモンスターは甘い誘惑をちらつかせたり、闇に隠れた成長期にはずっと到達できないかのような心があなたの邪魔をします。しかし、停滞期だって成長は停止していません。緩やかではあっても成長を続けています。あなたはあなた自身の心のフォーカスを成長期ではなく目の前の成長に変えていくことができればこのギャップモンスターは栄養が足りずに衰退していきます。

はこの時こそ人の支えが不可欠ではないかと考えます。あなたの今の頑張りを認めて応援してくれる人を探してください。その人は家族でも先生でも共に進む仲間でもかまいません。この緩やかな成長をほめてくれて明日の原動力を人に頼ってみてはいかがでしょうか?安心してください。あなたには勉強をスタートさせた強い志の見方がいますから、小さな労いや応援だけもらえばギャップモンスターはそこまで強くはありません。あなたの弱い部分を補ってくれる人がいれば停滞期も休むことなく成長し続けることができるはずです。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です