英語習得にはコツがある

英語はなぜ学習時間と共に成長しないのか

学校の勉強は学習時間と成果を比べると、勉強した分点数もついてきます。英語力の成長曲線は学校教育とは異なっていると実感されている方は多いと思います。なぜ、英語学習はいつまでたっても停滞してしまう人と突然跳びぬけた語学力を習得してくる人がいるのでしょうか?

表現力の差

覚えることと活用方法の両方ができたときに
英語力として身についたと実感できます。

みなさんも感じている通り、覚える努力を続けた結末はTOEICの点数は上がります。しかし活用するべきところでは文章を作って応答することはできません。英語は活用できるようになったときに成果を実感できます。
勉強時間を蓄積してもその内容がINPUTばかりで例文を作るなどの表現力訓練を合わせて進める必要があるのです。

表現力の鍛え方

英語における表現力を鍛えるにはなどような練習方法があるのか見ていきます。

言いたいこと考える機会を増やす

英語でコミュニケーションを取る回数を増やせば、あたなの英語表現力は上がります。言いたいことを考える機会があなたの語彙力アップに役立ちとすぐに身につく例文になります。

国外で英語学習をするメリット

英語圏に住んで学習に取り組んでいる人は短期間で英会話を習得されている方がたくさんいます。生活上の要求を考える機会が多いことは習得スピードに影響していると考えられます。みなさんにも同じような要求が日常生活でおきているはずです。例えば、コンビニの買い物でビニール袋の要否について要望を店員さんへ伝えます。この例をあげても日本では常識だと思うことが全く異なる対応をされてしまう国はたくさんあります。日本で生活をしているときに比べれば主張を相手に伝える回数も増えてきます。

この英語表現力を鍛えるためには、受け身で例文を受け取ることではありません。主体性をもって自分が考えた英文を使うことです。すぐにできる訓練方法は以下があげられると思います。英語学習に取り入れることであなたの英語力が生きた英語力になることを願っています。

  • オンライン英会話を使う

    オンライン英会話で人とコミュニケーションを取るとあなたの主張を相手に伝える必要が出てきます。外国の方と話すのでおのずと時差の話や食事の話などの質問も言いたくなります。この言いたい気持ちで作る例文はかならずあなたの表現力につながるはずです。



  • 友人や同僚へかけた文章を英訳する

    日常生活で発言している言葉はあなたの無意識な癖を含んだあなたの言葉です。まずはあなたが普段使っている文章が英語で言えるようになりましょう。

  • 覚える単語を使った例文は自分で考える

    新しい単語の例文は受け身ではなく自分で考えるように変えてみてください。受け身の例文よりも数倍覚えやすくなります。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です